電動介護ベッドの移動は、専門業者の作業で。

Happy Report Vol.42

 

電動介護ベッドの

移動のご依頼がありました。

 

電動介護ベッドは、

一度設置したら移動しないのが原則ですが

今回は、

不要になってしまった

電動介護ベッドを

2Fから別の場所に引っ越しし、

3Fにあった

別の電動ベッドを2Fに降ろし、

さらに

引越し先の畳ベッドを処分する、

とのご依頼でした。

 

電動介護ベッドは、大変重量があり、精密なので

専門の業者による

「分解→移動→組立」

の作業になります。

全てのパーツを分解し、移動後、組みなおします。

急カーブの階段を3Fから2F、そして1Fに降ろします。

 

電動介護ベッドは精密に設計されているので、

移動する際には

メーカーに専門の業者がしっかりいます。

むやみに解体したり、

いじったりして、

不備や誤作動が生じたりしたら

大変危険ですので

専門業者に頼むのが不可欠です。

最後に

動作確認を行い終了となりました。

 

そして不要になった畳ベッドは

処分となりました。