実家の片づけ |第一歩は、食器の処分から

実家の片づけ|第一歩は、食器の処分から

Happy Report Vol.13

 

最近、「実家の片づけ」という言葉をよく耳にします。

本なんかも出ていて、空き家やごみ屋敷問題と並んで、

TVでも取り上げられることが多くなりました。

 

わが実家も同様、

物の多さに小言を言い続けてきました。

でも、

当のご本人は

捨てるものなど何もない

との一点張り・・・。

 

4人家族だった実家から、

我々兄妹が家を出てもうすぐ30年。

しかし

荷物の量は当時のまま…。

掃除はきちんと行き届き、

一見すると片付けなど不要な状態。

 

ですが、

食器棚や押し入れ、納戸など

一つ扉を開けると

みっちりと荷物が2重3重に重ねられていました。

 

時間をかけて説得し続けた結果、

やっと食器の整理に踏み切ることに同意しました。

 

大事なのは、

  • まず本人が片付ける気になるために、きっかけをつくってあげる。
  • 無駄がなくなるとすっきりして、動線がはるかによくなるので、躓きや転倒を防ぐことが出来、作業が楽になる
  • しまい忘れや探し物、無駄買いがなくなる

これらを理解してもらうこと。

 

一度、思い切ると、

あれもこれも処分すると言い出し、

結局

今回食器棚の一部と

キッチン周りの食器のみの

不用品処分で出た袋は30袋を超えました。

その量に、あらためて驚愕し、

「次は、ここをやる!」

などと、整理を楽しむようになりました。

 

次回はキッチンの吊戸棚の整理をします。

乞うご期待!